沿革・会員数の推移

○ 沿革 ○

1993 年
ホーチミン市で活動する日本企業による「ホーチミン日本人友好倶楽部」が発足。
1994 年
組織の拡大にともない名称を「ホーチミン日本商工会」に変更。
英文表記は「Japanese Commerce and Industry of Ho Chi Minh City」(通称:JCIA)。
会員社数は69 社。初代会長は広岡正夫氏(三井物産)。
1997 年
ホーチミン日本商工会立ホーチミン日本人学校を設立。
1998 年
5月に英文名称を「The Japanese Business Association of Ho Chi Minh City」(通称:JBAH)に変更。日本語名称は変更せず。
1998 年
9月28 日に、ホーチミン人民委員会から正式団体として認可を受ける。
事業および生活環境の改善を目的とするホーチミン市人民委員会との「ラウンドテーブル」を開始。
会員社数が200 社を突破。
2002 年
この年から「ラウンドテーブル」を毎年開催。
2009 年
大阪商工会議所との提携を開始。同・商工会議所の西田昌弘氏が事務局長に就任。
2011 年
会員社数が500社を突破。
2013 年
同じサンワタワーの14 階で、事務局を転居・拡大する。西田昌弘氏の帰任にともない、
大阪商工会議所・大林功氏が事務局長に就任。
2017 年
大林功氏の帰任にともない、大阪商工会議所・上田真也氏が事務局長に就任。
2018 年
4 月に名称を「ホーチミン日本商工会議所」に変更。
英文名称はThe Japanese Chamber of Commerce and Industry in HoChi Minh City(通称:JCCH)。
*上記の社名、肩書は当時のもの。

○ JCCH会員数の推移 ○

1994年4月 69 社
1995年4月 91 社
1996年4月 139 社
1997年4月 178 社
1998年4月 200 社
1999年4月 206 社
2000年4月 212 社 (一般会員210社、特別会員2社)
2001年4月 223 社 (一般会員216社、特別会員7社)
2002年4月 242 社 (一般会員231社、特別会員11社)
2003年4月 254 社 (一般会員239社、特別会員15社)
2004年4月 264 社 (一般会員250社、特別会員14社)
2005年4月 275 社 (一般会員260社、特別会員15社)
2006年4月 311 社 (一般会員289社、特別会員22社)
2007年4月 358 社 (一般会員329社、特別会員29社)
2008年4月 413 社 (一般会員376社、特別会員37社)
2009年4月 446 社 (一般会員416社、特別会員30社)
2010年4月 482 社 (一般会員445社、特別会員37社)
2011年4月 497 社 (一般会員462社、特別会員35社)
2012年4月 560 社 (一般会員515社、特別会員45社)
2013年4月 617 社 (一般会員566社、特別会員51社)
2014年4月 690 社 (一般会員622社、特別会員68社)
2015年4月 765 社 (一般会員687社、特別会員78社)
2016年4月 824 社 (一般会員736社、特別会員88社)
2017年4月 900 社 (一般会員807社、特別会員93社)
2018年4月 970 社 (一般会員869社、特別会員101社)
2019年4月 1020社 (一般会員924社、特別会員96社)
2020年4月 1040社 (一般会員952社、特別会員88社)