バックナンバー

(P 35-36)

部会別報告
第三工業部会

 

1. 部会紹介

第三工業部会はホーチミン市9区・トゥードゥク(Thu Duc)・ビンズオン (Binh Duong) 省の地区にある会員企業29社で構成されている地域工業部会である。

会員企業のほとんどは製造業であり、7割の企業が輸出をベースに生産活動を行っている。

業種は電気・自動車・機械金属・化学・医薬・医療・事務用品・縫製等多岐に渡っている。

業種は様々であるが、各社が抱える問題は共通するものが多く、他社の情報を基に自社への展開の参考とすることを目標に活動している。

2005年度は会員企業の代表者の変更および新規入会・退会もあり、顔ぶれも変わってきている。

今後も日系企業の進出が増えると見込まれ、当部会の会員数も増加していくと考えられる。

  
2. 2005年度の活動目標

(1) 主活動 (情報の共有化)

・商工会および領事館の情報については入手と同時に会員各社に連絡 (電子メール) し速報性を持たせる。また協議依頼事項があれば、部会として取りまとめ商工会へ報告する。
・会社運営に関する事項については、共通する課題 (労務・総務・税務・インフラ等) について協議をし情報交換する。

(2) 特別活動

会員相互の親睦を図るとともに、地域社会への貢献することを目的とする。
・親睦を目的としたゴルフコンペの開催 (年4回) 
・商工会チャリティー活動への協力
・商工会行事への支援
 
(3) その他

懇親会の開催 
 

3. 活動報告

(1) 主活動 (情報の共有化)

・商工会の情報に関しては全会員にメールにて速報を発信している。また、協議必要項目に関しては会員の意見を取りまとめ報告した。
・政府機関等(地域役所含む)からの会員企業に個別に依頼のある不明な項目 (寄付金等) に関して各会員の意見を聴取し、取りまとめた内容を各会員に情報提供した。

(2) 特別活動

ゴルフコンペを、年4回実施しており、各コンペごとにチャリティー金を徴収し、商工会のチャリティーバザー委員会へ拠出した。

また、大運動会およびチャリティバザー等の商工会活動に対しては人的支援を実施した。

(3) その他 

代表者の変更および新規入会の顔合わせの意味もあり、代表者以外の赴任者も参加して会員間の親睦を目的として懇親会を実施した。


4. 総括 

2005年度は会員企業の多くが、工場拡大や新規立ち上げで忙しい状況であり、また活動計画の未実施もあり、全会員が集結する場を作ることができなかった。

2006年度も前年度以上に様々な課題が発生すると考えられる。(従業員の確保、人件費の高騰、環境対策、電力問題、統一企業法・法・共通投資法の改定)

このような問題に対する情報を共有化し、迅速な対応が実施できることがベトナムでのビジネスの成功に結びつくと考え、部会活動の今後の方向付けができるよう展開を考えていきたいと思う。