バックナンバー

(P 10)

委員会別報告
組織・規約委員会

 

 

1. 2005年度の活動目標

本年度は委員長の途中交代があり、限られた時間の中での活動となり、目標を組織と運営の簡素化に絞り込み、検討を行った。


2. 具体的な活動内容と成果

(1) 組織の簡素化
組織の簡素化については以下5項目を実施した。

 ・副会長複数名を2名とする
 ・会長補佐の廃止および会長不在の際の会長 代行の設置
 ・副事務局長の廃止
 ・作業部会の廃止に伴うラウンドテーブル委 員会の設置
 ・ベトナムビジネスフォーラムの廃止に伴う 広報・渉外委員会への組み入れ

(2) 運営の簡素化
入会に際しての推薦を、正会員1名と希望所属部会の部会長の推薦とした。


3. 今後の課題

JBAHは既に300社を超え、着実に拡大している。単に会員企業数のみならず、会員企業の業態においても多岐にわたってきている。その中で、再度会員資格の見直し(正会員とは? 準会員とは?)が必要になるのではと考える。同時に、現状の部会編成で充分な部会活動が行っていけるのか、組織のあり方も検討する必要があると思われる。

JBAHは間違いなく、より早く、より大きく、より複雑に発展していくと思われることから、組織および会則に関して、柔軟かつスピーディーな理解・対応が求められる。2005年度の活動に関しての会員各位のご理解・ご協力に感謝すると共に、今後も引き続き組織および会則に関する会員各位の強い関心に期待したい。