バックナンバー

(P 16)

委員会別報告
日本人学校運営委員会

 

本委員会は、ホーチミン日本人学校の健全な運営、発展を目的として、ホーチミン日本商工会、PTA、総領事館から選任されたメンバーで運営されている。委員会は毎月1回定例会を開催し、学校経営の基本方針および教職員の人事、財産の取得・管理・廃棄、年次予算の作成、決算、その他学校経営上必要とされる事項の審議・決定等を行っている。
主な活動事項は以下の通りである。

 

1. 運営委員会活動

(1) 営繕
①今後予想される営繕費用の算出
②営繕が必要な場所の補修工事実施
(2) 組織・規約担当
①関係就業規則の再点検や必要に応じた  再修正、または整備
(3) 広報担当
①日本人学校の教育活動ホームページの  再点検と新規作成
②児童生徒作品の海外子女教育財団機関  誌等への投稿
③学校案内でのPR
(4) スクールバス担当
①安全なバス運行の徹底、新型バスの導  入
②日常的バス運行における諸課題の改善
(5) 教育環境担当
①ホーチミンにおける日本人学校
②人的、物的環境の基本構想と実現に向  けた取り組み
(6) 会計担当
①明朗な会計報告の実施
②土地契約更新に向けての諸課題の取り  組み

2. 学校教育活動(部分的紹介)

(1) 自然学校
発達段階に応じた「自主、自立、協力」の心を育むことを目的に、小学4年生以上の児童生徒が参加。2泊3日の行程で海水浴・カレーライス作り・デザート作り・ハイキング・キャンプファイヤー・肝だめしなどを行った。
(2) ゲストティーチャー
様々な体験談や専門的な話などを聞く活動を取り入れ、児童生徒の夢や自分の進路を見つめる機会としている。2006年度は3回実施した。
(3) 交流学習
在外教育施設として様々な学校との交流。ハノイ日本人学校とは修学旅行時に相互訪問し、親交を温めている。日本人学校近隣の台北学校、韓国学校、そしてベトナムのレバンタン校とも継続して交流し、国際理解を深めている。