バックナンバー

(P 33-34)

部会別報告
第三工業部会

 

1. 部会紹介 
第三工業部会は、ホーチミン市9区・Thu Duc、Binh Duong省の地区にある会員企業で構成されている地域工業部会である。
会員企業の殆どは製造業であり、7割の企業が輸出をベースに生産活動を行っている。 業種は、電気、電子、自動車、機械金属、化学、医薬、医療、事務用品、縫製等多岐に渡っている。業種は様々であるが、各社が抱える問題は共通するものが多く、他社の情報を基に自社への展開の参考とできることを目標に活動している。
2006年度は新規入会企業も6社あり、現在35社の会員数に増加してきている。また、各社の代表者の変更も頻繁に発生しており、顔ぶれも変わってきている。07年度以降も新規企業の進出もありさらに増加すると思われる。


2. 2006年度の活動目標  
年度初めに、前年度を参考にし、1年間の活動内容を決定。

(1) 主活動
①情報の共有化
商工会及び領事館の情報については、入手と同時に会員各社に連絡(電子メール)し速報性を持たせる。また協議依頼事項があれば、部会として取りまとめ商工会へ提出する。
②定期的な部会開催
より多くの参加者で部会開催を実施するため年度始めに日程を決定。3ヶ月に1度の開催(4月・7月・10月・1月の第3金曜日)
テーマに関しては発生課題・要望課題に対しその都度決定。 
③セミナー(講演会)の開催
会員各社の興味ある課題をテーマに開催

(2) 特別活動
①親睦を目的としたゴルフコンペの開催(年 4回) 
②チャリティー活動への協力
③商工会行事への人的支援

(3) その他
懇親会の開催

 

3. 活動報告

(1) 情報の共有化
①商工会の情報に関しては全会員にメール にて速報を発信
②協議必要項目に関しては、会員の意見を 取りまとめ報告
③議事録・緊急連絡網・会員名簿(赴任者全員) の配布
④政府発行の個別情報に関する情報交換

(2) セミナーの開催
①06年度改定された投資法・企業法に伴う 課題に合わせて実施
②セミナー議題:企業法改定に伴う再登録
各社にとって大きな課題のため活発な質疑応答となり、継続課題として関連情報を随時発信している。

(3) 特別活動
会員相互の親睦を図るとともに、地域社会への貢献することを目的とする。ゴルフコンペは、年4回実施しており、コンペごとにチャリティー金を徴収し、商工会のチャリティー委員会へ拠出している。
また、ホーチミン大運動会、およびチャリティバザー等の商工会の活動に対しては人的支援を実施している。

(4) その他 
代表者の変更及び新規入会の顔合わせの意味もあり、代表者以外の赴任者も参加して、会員間の親睦を目的として懇親会を実施した。


4. 総括
2006年度初めは、最低賃金アップに伴う違法スト、企業法・投資法の改定等、各会員企業に直接影響する大きな課題が発生したため、05年度に比較して部会活動も活発化した。ただし、発生した課題も完全解決しているわけではなく、07年度への課題として繰り越されていく状況だ。
上記以外でも、インフラの未整備、労務費の高騰、税制等様々な問題が潜在しており、今後の部会活動を通じての情報交換が必須と考えられる。
会員企業のベトナムビジネスの成功に結びつけるために、07年度以降もより緻密で迅速な情報交換ができるよう展開を考えている。