バックナンバー

(P 12)

委員会別報告
広報・渉外委員会

 

広報・渉外委員会は、ホーチミン日本商工会(以下JBAH)の情宣、各種ミッションの受入れ、内外各種団体との交流活動等を担当している。また、2006年度からはVietnam Business Forum(以下VBF)を担当することとなった。会員に対しいかに役に立つJBAHとなれるかをテーマに、会員からの要望をも踏まえて活動をしていきたい。

 

1. 各種ミッションの受入れ
ベトナムはWTO加盟、APEC開催という大きなイベントを終えて、国際的な認知度が高まり、国際社会への仲間入りを果たしたといえる。ひとつの国際共通語にもなった「チャイナ+ワン」の大きな流れもあり、また日系企業の旺盛な海外進出意欲もあいまって、ベトナムへの注目度が非常に増した時期であり、JBAHとしての各種ミッション受入れは例年を大きく上回るものとなり、日本企業に対しベトナムに関する情報提供を積極的に行った。

 

2. ホームページの活性化
JBAHの情宣活動の一環としてホームページの活性化をり協議した。会員にとって興味ある、また役に立つ情報の提供を目的にリンク集の充実、「メコンの風」のバックナンバーの掲載を行った。

 

3. JBAHカードのスポンサーの充実
2006年12月20日現在131のスポンサー(レストラン、ホテル、ショップ等)があり、JBAHカードの所有者は各種の恩典を受けられる。今後とも、他国商工会の情報も参考にしつつスポンサーの充実を図るとともに、会員への情宣に努めたい。

 

4. VBF活動
VBFはベトナム政府、援助国、および民間セクターがベトナムの投資環境につき協議する場で、世界銀行/IFCが事務局を努める。2006年にハノイにおいて2度開催され、投資環境の改善に向けた議論がなされた。JBAHはオブザーバーとして参加している。

 

5. ベトナムAPECトレード・フェアー2006
APEC会議がベトナムで開催されることを機に、APEC参加国が各国の貿易、投資、文化交流等を目的にホーチミンにて開催された。日本も総領事館、JETRO、ベトナム日本人材協力センターおよびJBAHの共同により日本ブースを出展した。