最新ニュース

2007年12月12日

カントー橋事故被災者への義捐金引渡しのご報告

会員各位
平素より当会活動にご協力頂きまして誠にありがとうございます。

皆 様にご協力をお願い申し上げましたカントー橋事故被災者への義捐金につきまして、個人・企業あわせて68件のお振込みをいただき、JBAH予算からの拠出 3,000USDとあわせて合計405,698,900VNDをヴィンロン省祖国祖国戦線委員会口座に振り込みました。
引渡し式は11月28日(月)に、在ホーチミン日本国総領事館の草の根無償ODA案件「ヴィンロン省ビンミン県総合病院医療機材整備計画」及び「同県ミー ホア村地方道路建設計画」贈与契約署名式と共に行われ、下記のように各新聞にも報道されました。

-----------------------------

http://www.tuoitre.com.vn/Tianyon/Index.aspx?ArticleID=231637&ChannelID=3
「カントー橋被災者支援のための日本の小規模ODAプロジェクト2件」
日本の2つの小規模ODAプロジェクトがこのほど迅速に通過し、カントー橋崩落事故被災者を支援する。
11月28日、ビンロン省ビンミン県人民委員会で、水城幾雄在ホーチミン日本国総領事はビンミン県総合病院への医療設備購入プロジェクト及び同県ミーホア 村農村道路建設プロジェクトの署名を行った。
この医療設備プロジェクトは83,070USDで、橋崩落事故の被災者の治療、健康回復、及び同地住民の診療支援を行う。ビンミン県は先般のカントー橋の 参加の中で最も被災者が多かった地域である。
2つ目の62,680USDのプロジェクトはミーホア村の5.2kmの農村道路建設、住民の通行改善を行うと同時に、洪水危機を免れた農地1,473ha を保護するための堤防機能を持たせる。
また昨日の署名式典でホーチミン市日本商工会はビンロン省祖国戦線委員会に対し、カントー橋崩落事故被災者支援のための義捐金405,698,900ドンを渡した。
(Tuoi Tre online 2007年11月29日)

-----------------------------

また引渡し式のあとにはカントー橋崩落事故現場を弔問し、犠牲となった人々のご冥福をお祈りしました。今回の事故を契機として一層企業活動を向上させ、ベトナム社会への貢献と日越関係の更なる発展への寄与をあらためてお誓い申し上げました。

皆様のご協力に深く感謝申し上げると共に、ベトナム・日本の相互発展のために今後ともご協力いただきますよう何卒お願い申し上げます。

ホーチミン日本商工会会長 深山 隆