最新ニュース

2010年12月07日

奨学金授与式を開催

 ホーチミン日本商工会と日本経団連は12月7日(火)、レジェンドホテルでホーチミン市人文社会科学大学とホーチミン市工科大学の学生各45名、合計90名に対し、一人200万ドンの奨学金を授与しました。
 本奨学金制度は2002年度に創設され、成績優秀かつ経済的な困難な状況にある学生に対し、日越協力関係の促進とベトナムの人材育成に貢献するため奨学金を授与するもの。授与式には、日田春光・在ホーチミン日本国総領事館総領事様、TRUONG THI KIM CHUYEN・ホーチミン市人文社会科学大学副学長様、Truong Tri Hien・ホーチミン市工科大学副学長様にもご臨席をいただき、本会から柏木利夫会長、大竹信人副会長、井口英則副会長、山下眞毅人材育成プログラム推進委員長らが出席しました。
 柏木会長は「学生の皆様には、この奨学金を活用して勉学に励んでもらい、やがては社会で活躍できる能力を高めて頂くことが、奨学金を提供する側の願いである。厳しい環境の中で勉学に励んでいる学生も多いとは思うが、絶えず夢をもって乗り越えて欲しい」と祝辞を述べました。
 山下人材育成プログラム推進委員長から学生一人一人に認定書を手渡し、学生から本奨学金への謝辞が述べられました。
 本奨学金制度はすでに社会的に高い評価を得ておりますが、引続き当会のベトナム社会への貢献事業のひとつとして、安定的な事業運営を行っていきたいと考えています。