最新ニュース

2012年05月25日

人材育成セミナーを開催

 ホーチミン日本商工会・人材育成プログラム推進委員会(委員長=中根俊幸・ベトナム味の素社社長)は523日、人材育成セミナーを開催し、本会会員91名が参加しました。

 

 本セミナーは、会員向けに事前に実施したアンケート結果を踏まえ、会員各社が人材を育成・確保していく中で悩まれている様々な問題について、その原因の理解、解決の一助としていただくことを目的に、日系企業で勤務経験のある日本語堪能なベトナム人講師3名をお招きして開催しました。

 

 まず、TAKAKO VIETNAM CO., LTD.副社長、Nguyen Nhat Anh Thu氏より、「企業における人材育成の状況」についてご講演いただきました。同社で実践している人材育成の具体的な方法をご説明いただいて、大変参考になりました。

 次にホーチミン市人文社会科学大学日本学科長、Nguyen Tien Luc氏より、「大学における人材育成の考え方と実例」についてご説明いただきました。現在の学生が大学でどのような教育を受けているかを知り、大卒者の現状を理解する上で大いに役立ちました。

 日本での留学経験、日系企業のベトナム駐在員などの経験を経て会社を設立されたHOA NAM CONSULTING CORPORAITON社長、DINH NGUYEN NGOC TRAN氏からは、「日系企業で人材育成がすすみにくい理由」と題して、ベトナムの歴史や文化、教育などを背景としたベトナム人の性格や考え方、日系企業側の問題について具体的にお話しいただき、頷きながら耳を傾ける会員の姿も多く見受けられました。

 

 後半部分では、3名の講師に加え、協伸ベトナム株式会社社長、光永英男氏と、みずほコーポレート銀行ホーチミン支店長、那須泰孝氏を壇上にお迎えし、パネルディスカッションが行われました。「ベトナムで人材育成を進めるための課題、対策」をテーマに、各お立場から人材育成を進めるにあたっての「これははずせない」というポイントなどをご披露いただき、また欧米企業と日系企業の人材に対する考え方の違い、ベトナム人の就職に対する考え方などについての話も出され、各社で人材育成を進めるにあたっての方向性を考える上で大変参考になりました。

 

 当日の資料をご希望の方は、本会会員に限り、コピーを事務局で配布しております。 info@jbahvn.org