最新ニュース

2012年06月11日

ビンズン省人民委員会Cung委員長 表敬訪問

 森光廣会長らホーチミン日本商工会執行部及び第三工業部会理事は6月11日、ビンズン省人民委員会を訪問し、Cung委員長と懇談しました。
 森会長はビンズン省所在の第三工業部会はJBAH工業部会の中で最も企業数が多い部会となり、ビンズン省への日系企業の進出が多くなる傾向にあると述べ、より一層の事業環境の整備を求めました。また、来年2013年の日越外交樹立40周年にあたり、友好年にふさわしい事業ができればとビンズン省にも協力を求めました。
 また出席者からはビンズン省の電力供給、ストライキ動向、労働者確保の見通しについて質問を投げかけました。
 Cung委員長からはベトナムでの電力供給量が伸びており、発電所のメンテナンス時の停電はあるものの、十分な供給量を確保できていること、ストライキについても労働者に対する法令順守の説明会を開催し、労働者への教育を実施していること、反面、日系企業を始めとする外資企業にもベトナムの法律の理解を深めてほしいとの指摘がありました。また安定した労働力を確保するため、アパート、病院、幼稚園などの生活インフラの整備を進めていることなどを説明されました。
 ホーチミン日本商工会は引き続き日系企業の事業環境の改善をビンズン省に要請していきます。