最新ニュース

2013年07月26日

日越共同イニシアティブ・第五フェーズ合同委員会

7月26日、計画投資省(ハノイ)において日越共同イニシアティブ第五フェーズ合同委員会が開催され、行動計画の合意調印を行いました。ベトナム側は計画投資省 Bui Quang Vinh大臣を始めとして各関係省庁が出席、日本側からは谷崎大使、JETRO南北事務所、JICA並びにJBAV、JBAH関係者計100名以上が出席しました。
ホーチミン日本商工会からは山口会長、坂上事業環境委員長、大林事務局長、そして各WT(ワーキングチーム)リーダーが出席し、山口会長が代表して挨拶されるとともに、各リーダーの紹介がなされました。なお、今回の第五フェーズでは、JBAHからは会員を代表して下記の4つのWTが立ち上がっています。

 

WT7(小売・流通・不動産) 西峠リーダー、遠藤リーダー
WT8(ノンバンク) 田中リーダー
WT9(サービス産業)安栖リーダー
WT10(食品輸出) 谷口リーダー

 

ホーチミン日本商工会としましても、出来る限りの事業環境改善が図られるよう積極的に各省庁との交渉を行ってまいります。

(参考)これまでの日越共同イニシアティブの取り組みについて
http://www.vn.emb-japan.go.jp/jp/economic/Joint-Initiative-index.html