最新ニュース

2013年12月20日

「ホーチミン市人民委員会とのラウンドテーブル」開催

ホーチミン日本商工会は12月20日、グランドホテルサイゴンにて、ビジネスや生活環境改善についてのホーチミン市人民委員会と話し合いの場である「ラウンドテーブル」を開催しました。ベトナム側 からはHa人民委員会副委員長Phuong ITPCセンター長の他、投資局、外務局、労働局、商工局、工業団地管理委員会などの各部局幹部40名、日本側からは在ホーチミン日本国総事館日田総領事、JBAH山口会長、執行委員、事業環境委員ならびにJBAH会員企業80名が出席した。今年度は事前に64項目の要望書を提出し、その回答を審議したうえで、7項目に絞って議論、提案を行い、それに対する具体的な解決策を求めた。また、JBAH創設にも深く携わった伊東JBAH元会長から「日越の共生とは〜商工会発足20年を振り返って〜」と題して講演をいただいた他、ホーチミン市側から「過去10年の成果および改善されていない課題についての集約発表」もあった。ラウンドテーブル後には、ホーチミン市人民委員会側幹部も出席のうえ、盛大に夕食懇親会が行われ、JBAH会員企業とホーチミン市人民委員会との懇親がすすみました。