最新ニュース

2016年06月28日

中小企業・裾野産業委員会主催 第2回学習会「私が感じたベトナム人との付き合い方」

6月27日(月)15時より、中小企業・裾野産業支援委員会が主催する「ベトナム経営、転ばぬ先の杖:第2回学習会」が開かれました。今回の講師は、在ホーチミン日本国総領事館の三宅妙子領事。1990年代、まだベトナム戦争の名残が残るベトナムに来られ、語学研修生としてハノイに1年間滞在し、その後、ハノイの在ベトナム日本国大使館での勤務を経て、現在は総領事館に勤務されています。

途中、日本勤務だった時期はあるものの、約20年間にわたる付き合いの中で体験したベトナムの変貌ぶり、そして、その中でベトナム人のメンタリティがどのように変化したか、または何が変わらなかったのかについて、ご自身の経験を元にした多彩なお話を頂きました。

「ベトナム人と計画性」「報道規制の現実と注意点」「ベトナムは本当に反中なのか」「ベトナム人に頼み事をされたときは、どう対応すべきか」「ベトナム人のハートをつかむコツ」など非常に幅広い内容。最後には総領事館との活用方法まで指南を頂きました。

当初は、第2部としてパネルディスカッションを行う予定でしたが、三宅領事のお話が興味深かったため予定を変更。2時間たっぷりと、領事の講演を続けて頂くことになりました。