最新ニュース

2018年04月24日

ホーチミン市人民委員会主催の投資会合に出席(4月21日)

4月21日(土)、ホーチミン市人民委員会が外資系企業との投資会合を開催。
会議には、グエン・ティエン・ニャン ホーチミン市共産党書記、グエン・タイン・フォン人民委員長、レー・タン・リム副委員長をはじめホーチミン市の主要部局の責任者や、16ヶ国の在越海外商工会議所とホーチミン市内に拠点を置く200社の外資系企業が参加しました。
JCCHからは門脇会頭、滝本副会頭、小野瀬金融・税務・通関委員長をはじめ理事と複数の企業が出席しています。

各国商工会議所はスピーチの中で同市の投資環境における課題や期待に触れ、JCCHからは、門脇会頭と小野瀬委員長がスピーチし、(1)食品における微量栄養素強化問題、(2)排水処理に関する環境法改正問題、(3)VATの還付、以上3点について日系企業の抱える問題を提言しました。

各国の発言に対し、リム副委員長や各部局の責任者からは大変真摯な対応を頂き、持続可能な投資環境の促進が期待できる会合となりました。