最新ニュース

2018年10月06日

渉外・VBF委員会:海外視察としてフィリピンを訪問(10月4日~6日)

JCCH渉外・VBF委員会は10月4日(木)~6日(土)にかけて、毎年恒例の海外視察団(団長:門脇会頭)を実施し、団員21名がフィリピン・マニラを訪問しました。

本年は、「“Growth Opportunity in ASEAN”~フィリピンの「労働力」と「消費市場」からベトナムの魅力を再発見する~」をテーマに掲げ、ASEAN諸国への進出先としてベトナムと共に高い注目を集めるフィリピンの現状を学ぶプログラムとしました。

現地企業視察では、日本の大手菓子メーカーとの合弁事業を展開する財閥系のUniversal Robina Corporation社にてスナック菓子および飲料製品の製造工程を見学したほか、日系企業のTri-Phil International, Inc.社にて野球・ラクロス・アイスホッケーグラブの製造工程を見学しました。
同社は2007年からベトナム・カントー市でもグローブ製造を行っており、ベトナム、フィリピンの共通点として従業員の手先の器用さを挙げる一方、フィリピンの特徴として、従業員が残業やインセンティブによる収入増よりもワーク・ライフバランスを重視する傾向や、国全体の賃金の上昇率が低いこと等の説明を受けました。

JCCHでは今後も海外視察団を通して、ASEAN諸国との比較によりベトナムの魅力や課題を考察する機会を提供してまいります。