最新ニュース

2018年11月22日

金融・税務・通関委員会:ホーチミン市税関局と対話集会を開催(11月22日)

 11月22日(木)、272カンファレンスセンター(ホーチミン市3区)にてJCCH金融・税務・通関委員会とホーチミン市税関局との共催、JETROホーチミン事務所のご協力により、「ホーチミン市税関局セミナー&対話集会」が開催されました。
 当日はホーチミン市税関局からDinh Ngoc Thang局長をはじめ、副局長2名並びに13支局の幹部など総勢約30名、JCCHからは門脇会頭、滝本副会頭、小野瀬金融・税務・通関委員長の他、JCCH会員企業約180名が出席しました。
 同対話集会では、主に通関手続きの問題や、HSコードの確定、原産地証明の扱いなど、事前質問として頂いた22問に加え、当日に出席者から挙げられた約50の質問に対して、税監局担当者が熱心に回答くださいました。
 門脇会頭は今回の対話集会を通じて、「税関局とJCCH会員企業、特に日本人経営者との理解がより深まり、今後の輸出活動がさらにスムーズに行えることを期待します」と総括されました。
 当日の配布資料として、事前質問への回答の他、税関に関する新法律のポイントやホーチミン市税関局幹部のホットライン一覧など配布されました。また、税関局長からは本対話集会に出た全質問対して、後日に文書回答するとの発言があり、入手次第、会員企業の皆様へ共有いたします。