最新ニュース

2019年11月19日

ドンナイ省人民委員会 ユン委員長表敬訪問(11月19日)

【ドンナイ省人民委員会 新委員長就任に伴う表敬訪問】
11月19日(火)、ドンナイ省人民委員会の新委員長就任に伴い、 カオ・ティエン・ユン委員長を表敬訪問いたしました。
JCCHからは、岡田会頭をはじめ、比良井副会頭、矢口副会頭兼貿易部会長、有賀企業交流委員長、ドンナイ部会の大上副部会長、嶋本理事、及び上田事務局長が出席し、ドンナイ省人民委員会からはユン委員長の他、外務局、計画投資局の幹部らが出席しました。

岡田会頭より、本会議所の会員数増加状況や現地労働者の雇用への貢献について述べるとともに、
ドンナイ省税関局主催の「日系企業との対話集会」(7月4日)、および「ドンナイ省企業とJCCH会員企業とのビジネスマッチング会」(10月23日)の開催に対する支援について謝辞を伝えました。

ユン委員長からは、ドンナイ省の経済並びに投資誘致活動状況について、以下の発表がありました。
〇現在、省内には工業団地が35か所あり、そのうち32か所が稼働している。
 (工業団地全体の面積の75%に企業が入居)
〇現在1400件のFDI投資案件が実施されており、投資総額は約296億USDである。
 (内、日系企業の投資案件:261件、投資総額:47億USD)

また、ユン委員長は、「我々は日系企業が法律に則った企業活動を行うことに対して高い信頼を置いており、
今後もJCCHと同省人民委員会との良好な関係を維持し、更なる日本企業の進出を歓迎する。
ビジネスをするにあたり、行政手続等で何か困ることがあれば「ドンナイ省関西デスク」経由でご相談いただきたい。
また、今後もドンナイ省とJCCHの対話集会を継続し、将来の経済発展と両国の連携といったテーマについて議論していきたい。」と発言されました。