最新ニュース

2019年12月17日

事業環境委員会:ホーチミン市人民委員会とのラウンドテーブルを開催(12月17日)

1217()、レックスホテルにてホーチミン市人民委員会とのラウンドテーブルを開催しました。

ホーチミン市からはトゥイン人民委員会副委員長並びに

貿易・投資促進センター(ITPC)副センター長ら主要部局の幹部が、

JCCHからは岡田会頭、福島副会頭兼事業環境委員長、矢口副会頭、比良井副会頭をはじめ、

各ワーキングチームリーダーを務めた中川法務・労務委員長、小野瀬税務・通関委員長並びに

粟野スポーツ・文化委員長、鈴東監事、上田事務局長らが出席致しました。

 

今年度のラウンドテーブルでは、会員企業の皆様から頂いた意見・要望を

23項目の新規要望として取りまとめ、これに加えて、2018年度要望事項の追跡調査として

24項目を取り上げました。

116日、7日の2日間で行われたプレラウンドテーブル(実務者会合)を経て、

今回のラウンドテーブル本番会合では、5項目を議題として取り上げました。

今年は、大きな課題となっているワークパーミット取得時の企業内異動の解釈や

不動産開発プロジェクトに関する手続きの遅延について改善を求めました。

 

JCCHからは、関係部局の真摯な対応に謝意を伝えるとともに、

課題が継続している案件については、個別具体的に状況説明と評価を述べました。

JCCHでは、今後の対応を注視するとともに、引き続き改善を促してまりいます。

 

今回のラウンドテーブルで議論された内容は、次月以降にフイードバックセミナーを開催し、

JCCH会員の皆様にも最新情報としてお届けする予定です。