最新ニュース

2009年04月03日

3月27日(金)チャリティーバザー寄付金贈呈

JBAHは毎年在ホーチミン日本国総領事館, アオザイ会、日本人学校の協力を得ながら会員会社の支援により、集まった義援金をSAPP(The Sponsoring Association for Poor Patients HCM)を通じ、ベトナムの恵まれない身体障害児の治療の為、ホーチミン市内の病院に寄付しています。是非、今後もこのような形でのベトナム地域社会に対 する貢献を継続して行きましょう!



2009 年2月12日(木)、寄付先の歯科顎顔面病院、整形外科病院、子供病院を訪問し、寄付金が実際にどのように使われたのかを先生方から説明を受けると共に、 手術を受けて回復した患者さん達とも面談しました。子供達に実際に会うことでこのチャリティーバザー活動が大変身近なものに感じられ、



2009年3月1日(日)、会員各社と多くのベ トナム人・日本人・ボランティアの方々に協力頂き、Nguyen Du 体育館を会場として、恒例の第13回チャリティーバザーを開催しました。沢山の方 々に来場頂き、当日のバザーでも沢山の収益金が集まりました。又、日本人学校・空手教室


 
      
2009年3月27日(金)、パレスホテルにてSAPPを通じ、歯科顎顔面病院、整形外科病院、子供病院の3つの病院に対する義援金の贈呈式が行われました。今年は義援金総額39.500ドル(7億ベトナムドン)