最新ニュース

2008年08月08日

7月18日 筑波大学大学院とチョーライ病院の医療技術協力に関する協定書調印

2008年7月18日、筑波大学大学院永田教授以下5名が来越し、チョーライ病院にて掲記協定書の調印式を行いました。

(写真中央:チョーライ病院Tran Minh Truong副院長と筑波大学院永田教授)

筑 波大学院は3年前ホーチミン人民委員会Nhan元副委員長(現副首相兼教育訓練大臣)との面談を機に、ホーチミン市の4つの学術機関との科学技術研究協力 を開始、昨年JBAH人材育成プログラム推進委員会の仲介で、チョーライ病院との医療技術協力に関する意見交換を開始、今回の調印に至ったものです。
 
今回の調印により、双方の交流を活発に行うことができるようになり、今後、チョーライ病院の若手医師の筑波大学への研修派遣、及び、筑波大学院医学関係者 のチョーライ病院への派遣等の現場レベルでの技術交流を具体化していく方針です。
 
遅れていると言われているベトナムの医療レベルが、本技術交流により改善されていく事に期待します。
 
JBAH人材育成プログラム推進委員会